安全性

アトピー性皮膚炎に効くプラセンタ

美容や健康に関して詳しい、または興味を持っている人であれば、プラセンタという名前を一度は聴いたことがあるでしょう。
テレビや通販でも多く取り上げられ、その健康や肌への効果に注目が集まりました。
胎盤の成分をもととするプラセンタですが、注射やサプリで摂取することによって色々な効果がありますが、アトピー性皮膚炎にも効果があるのです。
プラセンタで馬や豚のものを使用する理由も興味深いです。

そもそも、アトピー性皮膚炎というのは、湿疹が肌に現れ、その症状も波があることで知られています。
かゆみなどを伴い、その原因は感想やアレルギーとも関係していると言われています。

今でもなぜその症状が起きるのかはっきり解明されていません。
では、プラセンタはアトピーの肌にどう働きかけるのでしょうか。
簡単に言うと、プラセンタに含まれている、細胞の循環を助ける役割の成分(成長因子)により活性化され、肌が新しいものに代わっていくのを促進するためです。

副作用としてかゆみを伴うステロイド剤を補う形でプラセンタエキスを用いることにより、かゆみが抑えられ、個人差はありますが症状の回復も速くなります。
このようにプラセンタは肌の手入れ、健康の促進など、幅広い分野で活用されています。
特にアトピー性皮膚に悩む人は、プラセンタを用いた治療に希望を見いだせます。
無添加のプラセンタサプリも是非ご覧ください。